コーヒーブレイクBLOG

HOMEコーヒーブレイクBLOG今日は秋らしく爽やかないい天気!!

今日は秋らしく爽やかないい天気!!

2016/10/07 16:20:37

カテゴリ:未分類

ツイートする

明日からまた、三連休ですね!実りの秋美味しい果物、野菜また、観光地では紅葉の時期も間もなくにぎわう事でしょうが例年の如く車も渋滞することでしょう。車でお出かけになられる方は充分心に余裕をもって、お越しください。折角の観光旅行も台無しにならないよう心掛けて京都にお越しくださいませ。

さて昨日の当店にてコーヒーの淹れ方についての質問・回答についての私の答えを記載させていただきます。

その@お湯を最初コーヒーの粉に注いだ時、泡立ちますか?
 お客様の返答:泡はあまりたたないですね!といわれました。
  私がお客様に返答:そのお湯は沸騰してからおそらく10分以上経過しているのと違いますか?と尋ねましたと
ころ、20分位経っていますと言われました。(コーヒーは熱いお湯でなくぬるいお湯でたてないとだめだよと言われたので守っていますと言われました)

そのA最初お湯を注いでからどれ位たってから2回目のお湯を注ぎますか?お客様の返答:1回目のお湯の投入から2回
 目のお湯を入れる時間はおよそ10分〜15分位かなぁとおっしゃいました。(友達がコーヒーは慌ててたてたらあかんぞ!ゆっくりたてなあかんぞ!といわれたので・・)

 私がお客様に返答:そのお湯はぬるくなり過ぎていますよ!最初のお湯の温度は85度〜92度位ですね、でないとコーヒーの粉がお湯を吸い込んでその温度により粉が膨らみ蒸らしの工程に入り2回目のお湯の投入によりコーヒーのうま味成分を抽出させますのでぬるいお湯ではその蒸らし工程とうま味成分を抽出させることは不可能だと思います。
その訳はコーヒーにお湯を入れてから時間もたち過ぎて仮にコーヒーの粉が膨らんだとしても今度は吸い込んだお湯の水分が下に落ち切って粉自体がカリカリになりそのコーヒーの粉が外気の冷たい空気を吸い込み折角膨らんでいたコーヒーの粉が収縮してしまい砂のように硬くなっています。仮にそのコーヒー粉の上からいくら熱いお湯を入れてもコーヒーの粉が硬く収縮してしまっているので粉からうま味成分が抽出できません。

【回答まとめ】
コーヒーの淹れ方は皆さんゆっくり、丁寧にとよく言われますが中々難しい物でお湯の温度とドリップタイミングの関わりがあります。
・お湯の温度は新しい水を沸騰させ火元を消すか、火元から沸騰したポットを離し沸騰しているお湯の波が静かになってから約20秒位経ってから第1っ回目のお湯をコーヒーの粉の中心から外側に円を描くように入れていきます。その時、外側のペーパーフィルターや布フィルターにお湯をかけないように気を付けてください。次に膨らんだコーヒーの粉が山のように膨らんできてその山が頂点から凹み始める直前を見計らってタイミングよく次のお湯を入れてください(膨らんだコーヒーの粉が外気を吸い込んで収縮しない内に順次ドリップしてださい)
3回目のお湯も同じタイミングでドリップしてください。コーヒーを淹れる杯数によって第4回目、大5回目のお湯と異なります。

また、分からない事がありましたら何でも質問してください。
美味しいコーヒーを飲んでいただけるよう協力します。

記事一覧へ

コメント一覧

タイトル
名前
コメント
画像認証(認証文字を入力してください)
CAPTCHA Image  [別の画像に替える]