コーヒーを楽しむ

HOMEコーヒーを楽しむ

ドリップコーヒー

材料

ドリッパー
新鮮なコーヒー豆
サーバー
沸かしたてのお湯
ドリッパーの形、サイズに合ったペーパー
お気に入りのコーヒーカップ
ポット
材料

準備をする

STEP1画像1

STEP1画像2

まずペーパーフィルターの側面を外側に折り、次に底を内側に折り曲げる。
(同じ側ではなく、互い違いに折り返すということ。)

フィルターをドリッパーにフィットするようにセット。

粉を人数分入れる。
粉の量は、1人分なら10グラムで。
ドリッパー付属のスプーンで、ちょうど1杯。
粉を入れたらドリッパーを軽くゆすってならす。

お湯は、1人分なら150〜180mlが目安です。
温度は80〜90度。
沸騰したヤカンから、コーヒー専用の注湯ポットにお湯を移し変えると、ちょうど適温になります。
コーヒーポットがない場合は、きゅうすがおすすめです。

抽出@

1回目のお湯は、粉を均一に膨らませるように。
注ぎ方は、中心→周辺→中心の順番。
粉の中心から湯を注ぎ始め、「の」の字を描くようにゆっくり周囲へ向けて回しかける。
濾紙に直接お湯を当てると、お湯が漏れて薄いコーヒーになるので注意。

粉全体に湯がしみわたり、ドリッパーからコーヒーがポタポタ落ち始めたら、注ぐのを止める。

外気を吸込ませないこと
粉が膨らんでぷっくりと山型に泡と一緒に盛り上がってきます。
その泡が徐々に下がってきます、そこで注意すべきことは出来るだけその泡が残っている状態で次のお湯を注いでください。
泡が引くとせっかく蒸らしで膨らませた粉が冷たい外気を吸込ませると同時に収縮し硬い砂のようになりこれからコーヒーのうま味成分を抽出しょうとすのですが粉が硬くなって粉の表面にお湯を注いでいるだけでうま味が出にくくなります、2回目、3回目も当然同じことです。
(此処が珈琲を淹れるポイントでしょう)

抽出A

2回目以降のお湯は、粉を呼吸させるように。
注ぎ方はやはり中心→周辺→中心。
「の」の字をかくように。1回目の膨らみの上限ライン以上にお湯を注がないこと。
粉の中央がへこんできたときが2回目のお湯を注ぐタイミング。
1回目と同じように中心から周囲へとまんべんなく静かに。

コーヒーをおいしく入れるには、粉の中に含まれているおいしさだけを抽出すればいい。
そのためには「粉がお湯に包まれている時間」が重要なポイント。
お湯を注いだときに、粉の山が陥没や噴火せずに、キレイに膨らめば上手に注げている証拠。
これを実現するために、お湯を注ぐ勢いを一定に保つ方法が、「の」の字なのです。

粉がある程度へこんだら、次(3回目)のお湯を注いでゆく。
3回目のお湯以降は、早め早めのタイミングで注いでゆく。
泡が消えないうちに4回目のお湯を注ぐ。
これを繰り返すと粉が呼吸をするように上下動を繰り返す。

抽出完了

適量が出たら終わり。

ドリッパーのお湯は最後まで落ちきらせず、早めに取り去る。
泡はコーヒーの雑味成分なので、最後まで落ちきらせず、早めに取り去って苦味を入れないようにします。

最後に軽く混ぜる
全体を軽く混ぜてから温めたカップに注ぐ。

常に同じ時間で抽出するのは難しいですが、1分以上の誤差がでると濃度が大幅に異なり、味に影響がでます。
適正な抽出時間の目安として1〜2人分は1分半〜2分、3〜5人分は2分半〜3分とされています。
この時間のプラスマイナスが少ないほど、味が一定するのです。